大人の出会いのバナー
総合評価 料金
96
登録無料
ジャンル
メル友/割り切り

セフレや不倫の相手を探すには大人の出会いを使うことが一番の近道!このサイトでは秘密の関係を求める男女が積極的に活動中です。

ボタン
不倫人妻情報館のバナー
総合評価 料金
91
登録無料
ジャンル
不倫/秘密の出会い

既婚者の間で使える出会い系サイトだと口コミで人気が広まっていった出会い系サイトです。24時間のサポート体制で安心して使うことが出来ます。

ボタン
愛カツのバナー
総合評価 料金
88
登録無料
ジャンル
セフレ/不倫/愛人

紳士淑女のちょっと大人の出会い掲示板。充実した検索機能で、自分にぴったりのお相手を探すことができます。

ボタン

人妻 出会い系サイトで私が出会った思い出話

人妻 出会い系サイトを利用してみると、いろんな人に出会いますね。
怖いという事もありますが、そこから面白い出会いをする事もあります。
今回は私が体験した出会いをご紹介したいと思います。

■素人カメラマンのおじさん
私は以前、出会い系サイトのサクラではないのですが、出会い系サイト利用してポイントを換金していました。
ポイント制の出会い系サイトの多くは、男性はポイントを購入するのに対し、女性は使った分だけポイントが還元されるというシステムを利用しています。
ここは大事なところなのですが、ポイント還元のみを目的とした利用は禁止されています。
あくまで、利用したらついでにポイントがついてくるという、ポイントカードのようなものです。
私は当時、出会い系サイトでメールをしてポイントを貯めていました。
サイトによってバラバラですが、大体1メール10円くらいですかね。
今思ったら、そんなチマチマした事よくやっていたなと思います。

ある日、私の元に一通のメールが来ました。
相手は、自分の父親くらいの年齢の男性でした。
何やらその男性は、自分の趣味でカメラマンをしているそうです。
そういう人ってよくいるんですよね。
自分で女性の体を撮影して、それを見て楽しんでいる人です。
私にもモデルに是非なって欲しいという話でした。

実はその時、私はそのサイトの写メコンテストというもので地域別でチャンピオンになってしまっていたのです。
入賞したらポイントがもらえるという事で応募したのですが、ビックリでした。
まあ、私の地域は人口が少ないという事と、奇跡の一枚を使ったという事があるので、ズルはズルなんですが。

私はその当時結構やけくそみたいな感じだったので、その男性と会う事にしました。
ヌードや彼の好みの服を着て撮影をすればいいみたいでした。
私は、私に触れないという事を条件にしました。
ハメ撮りをすれば3万円をあげると言われたのですが、それは絶対嫌だと拒否をしたのです。
手を触れる事すら拒否しました。

しかしその撮影というのも、段々面倒くさくなってきました。
初めはお金をもらえるからいいと思っていましたが、少しずつ気持ち悪くなってきたのです。
そのおじさんには、彼氏が出来たからもうやめたいと申し出ました。
何気に週に1回くらいのペースで会っていたのです。
すると、それならば最後に会いたいとの事でした。
私はそれも嫌だと言ったのですが、最後なので3万円出すと言われたのです。
それなら、最後くらいいいかと思ったのです。
というか、結局3万円出してもらえるなら、ハメ撮りしなくて本当によかったーと思いました。

そして、最後に会う事にしました。
会ってみると、やはり最後だからと私に触れようとしてきたのですが、それは断固として拒否しました。
ヌードを撮らせておいて、何故触れる事すらさせないんだと疑問に思う人もいるかもしれませんね。
実は理由はかなり単純なんです。
そのおじさんが生理的に受け付けなかったのです。
ただ、体に触れてこないのならば、別にいいかなというような感じでした。

出会い系サイトには、この手の事をしている男性は結構いるみたいですね。
専用の掲示板の数多くあるみたいです。
ただ、実際に私はラッキーだっただけで、悪質な人も山ほどいます。
絶対に誰にも見せないなんて言っておいて、その画像を売りまくったりして荒稼ぎする人もいます。
あくまで個人の範囲内という健全な人にたまたま当たったみたいで、私はよかったです。
それに、最後に会ってからは連絡も来ませんでしたし、下手にストーカーみたいな事もされなくてよかったなと思います。
あのおじさん、今頃何しているのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">